為替レートの計算

a0001_016832

 

実際にFX取引をするときには、どんな方法で為替レートの計算をするか分かっていることが大切です。差益や差損を把握できるようになり、現時点でどの外貨が日本円や米ドルに置き換えた時にどのくらいの価値があるかがわかるようになります。いろいろな通貨ペアでの為替取引が可能なのがFXの特徴です。大勢世界の人が取引を行っている通貨ペアは、ユーロと米ドルです。

 

日本でFXをする場合はどうしても日本円と米ドルの通貨ペアが多いようです。実際通貨ペアの組み合わせは、南アフリカランドと円、ポンドと米ドルなどのようにとてもたくさんあるようで、迷ってしまうほどです。さまざまな通貨ペアの中でもクロスレートというのは、ドルの入らない為替取引のレートです。クロスレートの計算では、まずそれらがドルに対して幾らかを計算することが大事です。

 

ドルに注目して取引の相場を見ることで発見することもあるので、計算は面倒ですがやったほうがお得です。ユーロや円そのものに原因がたとえユーロと円の組み合わせで取引をしていたとしてもあるわけではないのです。米ドルの影響を受けて為替レートが変動している場合もあります。クロスレートでの取引を為替レートの計算をしながらやってみることによって、米ドル以外の取引ができるのでおすすめです。

 

 

 

 

為替の損益計算の重要性

欠かすことができないのは、どのくらい為替変動があると為替差益が生まれるかを計算しておくことです。外貨建ての金融商品を利用する時です。差損が為替レートによって出る部分を計算しておくことで、取引を有利に進めることできます。どの程度の手数料が1回の取引において必要なのかは、選んだ外国為替証拠金取引の業者によって異なります。手数料が大きい業者で取引している場合、差益ぶんが大きくなければ手数料を相殺する利益を出すことはできません。

 

ほとんど意識することが無い人も多いですが、手数料はお金の出し入れにもかかりますので、同時に計算しておかなかればなりません。損益計算を最終的に行う場合に大切なのは、スワップ損益と為替損益を計算しておくことです。最終的には幾ら払ったのか、そして最終的には幾ら得たのかを計算することで、取引での結果がわかります。どの種類の外貨を持っているかで支払いか受け取りかが決まってくるのが、スワップ損益です。

 

日数分をもれなく計算することが、毎日別で決まるものなので数日分まとめて計算する場合には大切です。特にFXでは、この損益の計算をきちんと行わなければ収益を上げることが困難です。さまざまな為替以外の負担分を計算し考えに入れたうえで取引をすれば、自己資金を増やすのに効果があるといえるでしょう。

 

 

 

為替差益の計算について

どんな方法で為替差益の計算をして、FX取引において利益を上げるようにしていけば良いのでしょうか。為替差益とは、為替レートの変動によって得る利益です。1ドル=100円のときに10,000円を支払い、100ドルを得たとします。この計算だと、ドルを円に戻すのを、為替レートが1ドル=120円になったときにすれば、12000円が自分の元に戻ってきます。

 

差損が出てしまうことも、為替レートの変化によってはあるでしょう。為替の計算では、単位に着目して掛ければいいか、割ればいいかを判断します。具体的な計算方法としてはまず、ドルを円にするには為替レートを掛けて、円をドルに交換するときには為替レートで割るのです。慣れるまでは、掛けるのか割るのかどちらなのか迷ってしまうこともあるようです。法則性がわかれば応用もきき、他の為替通貨でも直感的に計算ができるようになります。

 

サイトやアプリには近頃、為替の計算が簡単にできるものが多々あるといいます。おすすめなのは、すぐ計算に活用できるように簡単なものを一つ用意しておくことです。FX取引で大事なことは、自分がどのくらい利益を出して、どのくらい損をしているかではないでしょうか。取引をどのように行っていくべきかが、早く為替差益の計算ができる環境に整えておけばすぐに決定するでしょう。

 

 

 

 

 

為替スワップポイント

point300

為替のスワップ取引とは、一体どういったものでしょうか。外国為替取引の一つであり、決済日を延長できるといいます。スワップ取引を行うことで、スワップポイントが入ります。どのような仕組みでスワップ取引は行われているのでしょう。通貨には、それぞれの発行国が定めた金利が存在します。高い金利の通貨を持っているうちは、その通貨ぶんの金利が手元に入るのです。

 

スワップ取引はポジションを持ちこすことができるため、米ドルと日本円の金利差を調節して計算をし直します。互いにの金利が打ち消されて、残ったぶんがスワップ益となり、それが資産に追加されるという計算の仕方になっています。ロング買いによってスワップによる小さな利益を確保したいという個人投資家も大勢いるようです。なぜ金利が高かったり低かったりするかも含めて検討してください。銀行からの融資を考えた場合、金利条件がよくなるのは信用能力の高い企業などであり、危険性が高い人は高金利でしかお金を借りられません。為替もその例外ではありません。

 

低金利の貨幣は多くの人が買い求め、貨幣自体の需要が徐々に上がっていくのが自明です。高い金利の通貨を持ちつづけるのは、川の流れに逆らって泳ぐようなものです。体力が続くまでしか持ちません。金利が高いからと外貨を保有したために、結果的に損をすることもあります。通貨は需要と供給のバランスが取れる方向に動く性質がありますので、ただ金利の高い通貨を持っていても益は得られません。為替を扱う時には、スワップ取引に関する知識が必要になります。

 

 

 

為替スワップとは

直物取引、先物取引、スワップ取引が為替取引にはありますが、スワップとは何でしょう。為替取引にスワップを利用するとどのような形になるのでしょう。

 

外国為替取引はマーケットが開いている間は常に行われていますが、そこでの約半数はスワップ取引です。複数の取引を組み合わせて行う取引がスワップ取引です。組み合わせの種類は期日の違う先物と先物や、先物と直物など多種多様なものがあります。外貨を獲得するために行う取引として、スワップ取引をしていたようです。スワップ取引をドル円の間で行う場合を想定してみます。2営業後にドル買い円売りの取引を行う場合を考えると、2日後にドルを買い、代価として円を支払っていると考えることができます。そして、ドル売り円買いの取引を一カ月後に行えば、一カ月後にはドルを支払うということで円を得ることができます。

 

結果的には、一回目の取引から二回目の取引の間は円とドルを交換していたわけです。通貨にはそれぞれ金利が設定されています。もしもドルが金利6%、円が金利1%だった場合、ドルを持ってるほうが多く金利が入ります。外国為替のスワップ取引では、金利に当たる金額を売買取引の中で吸収する仕組みになっており、高金利通貨を手放しても損がないようになっています。スワップポイントとは、外貨同士の金利の違いを表しているものです。スワップ取引では売り取引と買い取引を一緒に行うため、レートの変動による影響を小さく抑えられます。

 

 

 

為替の推移予測の注意点

近い将来の為替推移を読み解くことができれば、FXをスムーズに行うことができるでしょう。FX取引にまだ不馴れな人は、急激な円高や円安でレートが大幅に動く時こそ要注意と言われています。台風や地震のような天変地異も為替レートを変える要因になりますが、天地の変化ばかりはあらかじめ知れるものではありません。どんなに為替の推移について理解を深めても自然災害まで予測することはできませんので、完全に将来のレートを知ることはできません。

 

経験が浅いうちは、相場の大きな乱れを前にすると平常心が保てなくなります。一時的に混乱してしまい、日ごろはしないようなことをしたりします。FXの取引を成功させるには、為替の変動状況に目を光らせつつ、危険性を日ごろから考えておくことです。これ以上損を拡大させないよう気を配ることは、利益を出すより大事です。またまたストップロスの指定をしていなかったために、これ以上取引を継続できなくなるくらい損を膨らませてしまうということがあります。損が大きくなりすぎて、もう対応のとりようがなくなったりします。

 

もしもの時にそなえて手段を講じておくことが、為替推移を見極める時には大事になってきます。為替推移の予測に100%は存在しません。この道何十年という人でも、予測が違ってしまうこともあります。想定外の方向に為替が推移しても、慌てずに対処することが必要です。

 

 

 

為替相場推移の見方

為替レートが今後どのように推移していくかは、FXに関わる人にとっては常に関心の的です。為替の推移を推し量る手法は幾つかありますが、主なやり方を知っておくと自分なりの考えができるようになります。為替は、様々な要因によって刻一刻とその数字を変えています。これからどう変わるかも、その要因を知るところから始まります。

 

一方、為替チャートの形状を分析することで、ある程度の相場の動きを知ることができます。分析の方法にも色々なものがあります。チャートの様相は様々です。箱の中にいるように為替の変動が一定域内を出ないものをボックス圏といい、相場の変動要素が乏しい状態です。ポイントは、上値と下値の範囲を見極めることにあるでしょう。フラッグ型とは、チャートの推移がボックス型に極めて似ていながら、抵抗線や支持線を抜けていくものです。

 

上値抵抗線を越えたかどうかが、フラッグ型の判断基準となっています。少しずつ為替の変動が小さくなっていくと、今までの流れと逆方向に相場が動いていくことがあるようです。チャートの形を分析することによって、ある程度は為替相場の流れを知ることができます。何度か為替推移を予測し、売買を続けることによって、チャートの読み方が理解できます。チャートから為替の動きが読みとれるようになるには、これからも色々な形でチャートを使っていくことが大事です。

 

 

 

為替相場の推移予測

為替の推移状況を予想できなければ、FXで効率的な取引はできません。最近は多くの人がFXを始めているようですが、為替の推移を知ってFXに生かすにはどうすればいいでしょう。

 

為替相場が今後どのように推移するか知る方法として、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析があります。ファンダメンタルズ分析とは、為替とは、各国通貨の需要と供給によって決定するという考え方に基づいています。経済のファンダメンタルズ分析が需要と密接な関わりがあるとして、為替の今後の推移を予測するわけです。経済活動の前提が、ファンダメンタルズと位置づけられています。国の貿易収支、GNP、失業率、住宅着工率、金利の推移など、この国が経済面でどのような状況にあるかがファンダメンタルズの基礎です。

 

為替レートは常に動いていますので、予想と実際の推移がぴったりと合うことは難しいですが、経済指標は様々な角度から為替の推移に影響を及ぼしているといえます。その国の物価上昇率がアップすると通貨の価値は下がり、その影響を受けて為替レートは変動するという理論も存在しています。通貨の価値が下がると、他国通貨に対してもその通貨の価値が低下することになります。貨幣価値は、物価上昇率の上昇に伴って下がるものであり、上昇率がそのままなら変わらないという考え方です。為替がどのように推移するか、各種の経済指標に注目しましょう。

 

 

 

ドル為替とFX

a1640_000079

 

ドル為替とFXについてです。FXというのは外国為替取引のことです。小額の資金で何倍もの金額の取引ができるのが大きな特徴となっています。為替変動を利用して差益を上げるといっても、銀行のように大口の資金がなければまとまった利益は出ませんでした。資金が少ない人にも容易に始められるメリットがあります。

一般的には、投資で益を上げようとすると、まとまった元金がいると考えがちです。FXの場合は、資金的には小額でも始めることができるので、初心者にとっては比較的始めやすい投資だと言えます。日本円で米ドルを購入し、ドルが強くなった頃合を見計らって日本円に戻す、あるいはその反対のことをすることで利益が出ます。FXは、ドルなどの為替レートがどう変動するかを見極めて、売買するわけです。ドルが流通している国が今どんな経済情勢なのか、景気の動向はどうなっていくかなどもFXでは大事です。

FXに関係する専門用語などを覚えなければならない面もあります。初心者でも取り掛かりやすい投資方法なので、大変人気があります。FXは一回当たりの手数料が低く設定されている業者が多いため、株式投資や外貨投資のように一回毎の手数料が負担になることもありません。ネット上のFX取引システムを利用して、24時間いつでも売買できることもメリットのひとつです。時間の制約がある人、自宅から出かけることができない人でも為替を用いてドルの運用ができます。

ドル為替の影響

ドルの為替レートが変動する事で、経済や景気などにはどんな影響があるのでしょうか。国外から原材料を輸入して製品化し、でき上がったものを国外に輸出して利益を得るのが日本のスタイルです。円安になると商品が高く売れるようになります。円安ドル高状態が続いた場合、輸出をメインにしている日本は国家間の競争力がアップすると言われます。

ドルに対して円高になると、外国における日本の輸出品などの価格が上昇してしまいます。価格競争で他国と負けてしまい、貿易で儲けを得たいと考えている会社でも自動車や精密機械が思ったほど売れなくなります。円高傾向になると、日本の大手自動車メーカーの年間売り上げ予測が下方修正される理由です。外国通貨を売って日本円を保有したいという人の事情はどうでしょう。

ドルをたくさん持ってきても、為替レートが円高になると日本円に両替した際に金額的に少なくなってしまうでしょう。そのため、海外からの日本への旅行客は減少傾向になります。為替レートは双方向の視点から成り立っています。立場が違えばデメリットとメリットが反対になるので、円高や円安が良いとか悪いとかは、一概には言えません。米ドルと円の為替レートが変わることによって、製造業、輸入業、観光業など様々な分野に波及します。