未分類 » ドル為替の影響

ドル為替の影響

ドルの為替レートが変動する事で、経済や景気などにはどんな影響があるのでしょうか。国外から原材料を輸入して製品化し、でき上がったものを国外に輸出して利益を得るのが日本のスタイルです。円安になると商品が高く売れるようになります。円安ドル高状態が続いた場合、輸出をメインにしている日本は国家間の競争力がアップすると言われます。

ドルに対して円高になると、外国における日本の輸出品などの価格が上昇してしまいます。価格競争で他国と負けてしまい、貿易で儲けを得たいと考えている会社でも自動車や精密機械が思ったほど売れなくなります。円高傾向になると、日本の大手自動車メーカーの年間売り上げ予測が下方修正される理由です。外国通貨を売って日本円を保有したいという人の事情はどうでしょう。

ドルをたくさん持ってきても、為替レートが円高になると日本円に両替した際に金額的に少なくなってしまうでしょう。そのため、海外からの日本への旅行客は減少傾向になります。為替レートは双方向の視点から成り立っています。立場が違えばデメリットとメリットが反対になるので、円高や円安が良いとか悪いとかは、一概には言えません。米ドルと円の為替レートが変わることによって、製造業、輸入業、観光業など様々な分野に波及します。