未分類 » 為替スワップとは

為替スワップとは

直物取引、先物取引、スワップ取引が為替取引にはありますが、スワップとは何でしょう。為替取引にスワップを利用するとどのような形になるのでしょう。

 

外国為替取引はマーケットが開いている間は常に行われていますが、そこでの約半数はスワップ取引です。複数の取引を組み合わせて行う取引がスワップ取引です。組み合わせの種類は期日の違う先物と先物や、先物と直物など多種多様なものがあります。外貨を獲得するために行う取引として、スワップ取引をしていたようです。スワップ取引をドル円の間で行う場合を想定してみます。2営業後にドル買い円売りの取引を行う場合を考えると、2日後にドルを買い、代価として円を支払っていると考えることができます。そして、ドル売り円買いの取引を一カ月後に行えば、一カ月後にはドルを支払うということで円を得ることができます。

 

結果的には、一回目の取引から二回目の取引の間は円とドルを交換していたわけです。通貨にはそれぞれ金利が設定されています。もしもドルが金利6%、円が金利1%だった場合、ドルを持ってるほうが多く金利が入ります。外国為替のスワップ取引では、金利に当たる金額を売買取引の中で吸収する仕組みになっており、高金利通貨を手放しても損がないようになっています。スワップポイントとは、外貨同士の金利の違いを表しているものです。スワップ取引では売り取引と買い取引を一緒に行うため、レートの変動による影響を小さく抑えられます。